茨木支部紹介

支部方針

近畿税理士会の目的に沿って、以下の事業活動を展開していきます。

  1. 資質の向上を図るため、研修の充実を継続します。
  2. 申告納税制度の維持に寄与するため、租税教育を継続します。
  3. 税務支援事業を実施します。
  4. 書面添付制度の利用を拡充します。
  5. 電子申告の利用を促進します。
  6. 新人・転入会員をサポートします。

茨木支部からのメッセージ

近畿茨木支部のホームページへのアクセス
誠にありがとうございます。

私たちの『茨木支部』は、昭和48年6月に大阪合同税理士会北摂支部の茨木部会と豊能支部会が分離して、茨木支部が設立されました。

茨木支部は大阪府北東部(淀川右岸)に位置し、茨木市、高槻市、島本町に事務所を置く税理士および税理士法人が所属する団体です。現在、正会員と準会員で、約330名が所属しております。

私たち税理士は、税理士法第1条(税理士の使命)に定める「税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念に沿って、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ること」を使命とし、この使命を達成するため、日々業務に励んでおります。

茨木支部では、皆様が税理士をもっと身近なパートナーとしてご活用いただけるように税に関する様々なお悩みにお答えする「税理士相談センターの開設」や、税についての正しい知識を理解を深めるために、地域の学校で開催される「租税教室」への講師の派遣など、広く社会に貢献できるように積極的に取り組んでいます。

税務相談センターでは、納税者の方々に相談日を設け、無料税務相談を実施しております。

事業承継、相続・贈与、不動産の譲渡など、幅広いご相談にお気軽に茨木支部をご活用ください。

ご相談の詳細につきましては、当ホームページ『相談会日程』をご覧ください。

支部沿革

昭和39年 大阪合同税理士会の発足 大阪合同税理士会 北大阪支部 茨木部会となる
昭和40年 大阪合同税理士会 北摂支部 茨木部会と改称
昭和48年6月20日 北摂支部が茨木部会と豊能部会に分裂
昭和48年 9月27日 支部総会を開催して茨木支部設立
会員数124人でスタート
昭和53年 茨木支部税理士会館が完成
昭和57年 7月23日 茨木支部から吹田支部が分離
昭和59年 大阪合同税理士会茨木支部から近畿税理士会茨木支部に改称

支部概要

支部名近畿税理士会 茨木支部
支部長古屋 秀典
支部所在地〒567-0881
大阪府茨木市上中条1丁目9-25
アクセス
設立昭和39年
所属税理士会員数305名(平成29年4月1日現在)
所属税理士法人会員数17件(平成29年4月1日現在)
所属税理士準会員数24名(平成29年4月1日現在)
役員 支部長 古屋 秀典
副支部長 山内 幹雄
副支部長 榊山 京子
副支部長 武田 信央
副支部長 太尾田 博
副支部長 宮口 太
副支部長 舩木 由子
所轄税務署茨木税務署